トップページ
トップページ
Archieves
#
154
2021.05.13
ゲスト:WST


LOGOS idea time 5-800 Today's Playlist
5月のマンスリーゲストは、Def TechのMicroさんと、DJのShu Dosoさんが2020年に立ち上げた新プロジェクト「WST」
番組冒頭、健康オタクでおなじみのMEGUMIさんが、WSTの二人に健康維持の方法を伺いました。特別なことはしていないと前置くも「朝夜お風呂入るのと、毎日の腕立て伏せぐらいですかね…」と具体的に話すShu Dosoさんに「めっちゃ、やってるじゃないですか!!」と、すかさずツッコミを入れるMEGUMIさん。Shuさんは18歳から毎日欠かさず、体の現状維持のために筋トレを続けているそうです。そのため、ハードなトレーニングはしていないそうですが、既に体はムキムキに仕上がっていました。さらにShuさんは、お酒は飲めるのに、今も昔も一滴も飲まないなど、ストイックに健康管理をしている話が飛び出しMEGUMIさんは「お坊さんみたい。拝んじゃいそうです」と独特な感想をもらします。対してMicroさんは10歳から腰痛と格闘する日々を過ごし、お灸や針など様々な健康法を実践。しかし去年まで改善されなかった腰痛が、ヨガと出会い、ついに苦痛から解放されたそうです。今では医師にも手術の必要がないと断言されるほどに回復。当初はヨガで腰痛が改善出来ると思っていなかったが「年齢と体と心の余裕がマッチして、体に痛みが無く生活できる」と、体調の変化をMicroさんが詳細に教えてくれました毎月1本のデジタルリリースに合わせて、1曲につき数本の映像も配信しているWST。4月23日にリリースされた新曲「温かなRoutine」についてお伺い致しました。心温かい気持ちになり、幸せを彷彿とさせる曲名。
この「温かなRoutine」に込めたメッセージについて「1日1日を大切に生きてもらいたんですよね。皆がそれぞれ主役ですし、朝起きて、寝るまでにどれだけ小さな幸せを見つけられたり、色んな経験ができるか?という想いを感じられるようなリリックになってます」と、作詞を手掛けたShuさん自らが解説。「新型コロナの影響で生活がガラッと変わって、日々の当たり前だった事や新しい生活スタイルを見直す人が増えているので、まさに今の時代にフィットしている曲だと思いました」と、優しい気持ちになったことを感想として話すMEGUMIさんでした。このリリックについて「詞は素晴らしいけど、質問だらけ。『朝目覚めたら何する?』『出掛け間際に何を思う?』と疑問系“?” が多くて、歌ったらしつこいと感じるんじゃないかと思った」と、最初は困惑したMicroさん。ところが、ギターリストと相談しながらメロディーを考えていると「約20個の疑問文で構成された詞が、メロディーにピッタっとハマった」と楽曲製作秘話を語ってくれました。歌詞には約20個の“?”があり、ギネス記録も狙えるかもと話しは盛り上がります。「禅問答じゃない?自分に問うことが大事」とShuさんがご住職に思えて仕方ないMEGUMIさん。MEGUMIさん曰く「禅問答ソング」の「温かなRoutine」はShu Dosoさんが、聞いてくれた人の人生に寄り添いたいという思いが詰まった素晴らしい1曲に仕上がっています。
5月21日リリースする新曲「時計の針」。いじめ、登校拒否などの理由から、時計の針が止まる瞬間。誰もが思う、学校や会社に行きたくないなどの憂鬱な気持ち。そんな生きづらい気持ちが晴れたらいいなという願いが込められた1曲です。WSTの二人が実際に経験したいじめ、登校拒否から、人間関係の難しさに打ち勝って、乗り越えるまでのエピソードも語ってくれました。「今の社会は弱っている人に寄りそうことは出来ているかもしれないけど、そこから自分で強さを身につけて、乗り越えるところまで教えてあげないといけないと思います」と今の社会へ提言するShu Dosoさん。「まさに、その方法や手段をエンターテインメントを通じて伝えることが大事なことかもしれませんね。素晴らしいです」とMEGUMIさんの気持ちもお話してくれました。
そして、サーフィンを共通の趣味に持つWSTの二人とアウトドアトークを繰り広げました、サーフィンでは、海に出て、波を待つ時間の“ナミニケーション”をするのが楽しい一時。「Shuちゃんとの“ナミニケーション”では、過去の話になったことはなくて。海の中でも、ずっと未来を見据えた話をしてくれるので、自己満足のためのサーフィンじゃなくて、建設的な価値のある時間になってます」とMicroさん。サーフィンはMEGUMIさんも何度も経験しているものの、難しく「ただただ、ボードを運んでる人!」と自身を比喩してました。そんなMEGUMIさんに対し「ゴルフとサーフィンくらいじゃないですか、上手くならないとボヤきながら大人がハマるスポーツって」と、Microさんがサーフィンの奥深さや、難しさについて言及。
Shuさんは音楽活動と並行し、千葉件南房総市千倉町にあるアウトドア施設「THE CHIKURA UMI BASE CAMP」を運営しています。“作って食べる”をコンセプトにキュイジーヌリゾートという新しいカテゴリーを作りあげました。「食べ物、美味しそう!!目の前が海で?!何じゃこりゃ?!凄い!!」とHPの映像を見てMEGUMIさんが驚愕の連続。あまりのロケーションの素晴らしさに、MicroさんはDef Techの初の配信ライブを「THE CHIKURA UMI BASE CAMP」にて開催してしまったほどです。最近は音楽活動だけで無く、様々な事業を手掛けるアーティストも多くいる中、「音楽ことだけを考えてる音楽家の創る音楽は、世間では飽きられちゃったんじゃないかと思う」とMicroさんから爆弾発言も飛び出し、発言の真意についてもお話頂きました。このお話には、エンターテインメント業界にいながら、新しい事業やカタチを創ることに意欲的なMEGUMIさんも共感。新型コロナで何もナイ状態になった今、「大変だけど楽しいですよね」とポジティブにとらえています。
番組恒例の将来のお話。WSTの将来の展望についてShu Dosoさんは「全国、世界の求められる場所に行き、寄り添うことで、元気が出るような関わり、仕事をしていきたい」と話してくれました。Microさんも「新型コロナウイルスの影響で国と国、人と人が分断される中でも、芸術・音楽はボーダレスに、人と人の違いの差異を超えていけるものですから、音楽を武器に、日本からアジア、世界と繋がっていくという活動をしていきたい」と語ってくれました。さらにShuさんが真面目に未来について語ると、ご住職の説法を聞き入っているような気持ちになり、そんな空気になるスタジオ。最後には、Shuさん自ら笑ってしまいますが、手を合わせて拝むようなMEGUMIさんに笑いがこぼれて終わりました。
LOGOS idea time 5-800
「idea time5-800」は、アウトドアを最上級に楽しむ方法をLOGOSが提案するコーナー
このコーナーのパートナーは、LOGOS公式YouTubeチャンネルに出演しています人気YouTuberのどっちゃんです。今年の夏こそ、またキャンプを楽しみたいと計画を練っているどんちゃん。MEGUMIさんも今年こそ京都府城陽市にあるロゴスランドに行きたいと公言します。ロゴスランドは開園以降、進化を続けていると聞き、期待に胸をふくらませてるMEGUMIさんでした。
今回紹介する商品は、ロゴス一押しの新商品「ソーラーブロック Qセットタープ・ポータブル-BA」。タープとは、海や公園、運動会等でよく使われている簡易型のテント。そんなタープの組み立てには、時間が掛かったり、難しかったりと、不便な点も沢山ありました。ところが、新商品の「ソーラーブロック Qセットタープ・ポータブル-BA」はワンアクションで、独りで組立てできる仕様で、高さ調整が可能な画期的なギアです。サイズは幅300/240×奥行300/240×高さ260/250/210/145cmと大きいながらも、収納は幅16.5×奥行92×高さ16cmと、超コンパクト収納が実現。さらに、タープの生地にはソーラーブロックコーティングを施し、UV-CUT率99.9%以上、遮光率100%を実現。機能性もあり可愛らしいデザインになった商品です。ここでMEGUMIさんが「デザイン、最近色々と変わってますね。どうしたの?デザイナー変わった?」とストレートに質問。どっちゃんは「企画に若い子が結構入りましたね」と、ロゴスの近況の変化を伝えると「若い風が吹いて!完全に良い感じになってますねよ」MEGUMIさん、納得のご様子。「ソーラーブロック Qセットタープ・ポータブル-BA」のデザインに関しても「めっちゃ良いじゃん。日焼けや日差しからも守ってくれる」とMEGUMIさんの大絶賛がと止まりません。
番組中、MEGUMIさんが観ていた、「ソーラーブロック Qセットタープ・ポータブル-BA」の超短動画は公式HPでもご覧になれます。リュックから取り出して速攻でタープが作られる様子を紹介しています。「ソーラーブロック Qセットタープ・ポータブル-BA」はLOGOS店頭、公式HPで是非チェックしてみてください。
【WSTの告知】
2021年は毎月1曲ずつデジタルシングルをリリース。
1曲につき数本の動画も配信予定。
* 最新では、4月23日に「温かなRoutine」
* 5月21日に「時計の針」をリリース予定。
詳しくは、公式SNSをチェックしてください。

Today's Playlist
このリクエストは店舗でも流れているのでチェックしてみてください。

『上海ハニー』ORENGE RENGE
受付店舗:ロゴスショップ 札幌店   ラジオネーム:どさんこ
暑くなってくる、この季節に聴きたくなる曲です!

『TODAY IS A NEW DAY』木村カエラ
受付店舗:ロゴスショップ ららぽーと富士見店   ラジオネーム:にこ
トレーラーハウスで目覚めるところから始まる、
ミュージックビデオが、印象的。
こんなアウトドア感満載の家に、住んでみたい!

『シスター』ポルノグラフィティ
受付店舗:ロゴスショップ ニトリモール枚方店   ラジオネーム:てこよ
大好きな曲です

『TOKYO GIRL』Perfume
受付店舗:ロゴスショップ あみプレミアム・アウトレット店   ラジオネーム:ななほし
ついつい踊りたくなる1曲。大好きです!

『いってきます』LOGOS MUSIC Vol.4

前の回を見る アーカイブ一覧 次の回を見る

COPYRIGHT © 2020 LOGOS CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.