トップページ
トップページ
Archieves
#
152
2021.04.29
ゲスト:5週目スペシャル


5 週目のある月だけお送りしている「CAMP RADIO 5 週目スペシャル」
ゲストは呼ばず、パーソナリティ・MEGUMIさんだけのフリートークをお楽しみいただけます。
今年は例年より早く咲き散ってしまった桜。MEGUMIさんは、ここ1年間、旅行ができないなどの自粛疲れのせいなのか「桜を見たい!」という衝動が溢れ出て「これまで生きた中で一番、桜を見た」そうです。MEGUMIさんのオススメ桜のスポットは、中目黒。夜、桜が満開の中目黒に行くと、桜は勿論、下に流れている川に月が映り、とても幻想的な景色が広がります。さらに、桜が散っている間も、花びらが川に、桜色の絨毯を敷き詰めたかのようになる様が「この世のモノとは思えない程、美しさだった」と、冒頭から春らしい話題で番組がスタートしました。
Instagramでも発信するほどMEGUMIさんが今ハマっているもの。それは弘法大師・空海。「何を言ってるんだ?というリアクションもご理解しています。」と言いながらも、「凄い好きなタイプがやっと現れたなと思ったら空海だった。当時30代だった空海さんが…」と詳しい説明を話だし、どんどん熱がこもり、とくとくと力説。途中、MEGUMIさん自身も「急に、空海の話しをしてますけど、変な番組ですね!すいませんね!」と自分にツッコミを入れながらも、止まらない空海への想いを熱弁。ここまで熱く語る理由は「実在したのか、していないのか分からない神では無く、本当にいた人を崇めてる。ブームや流行が毎年、毎日生まれているのに、刻々と空海の痕跡が残っている」と語っています。さらにMEGUMIさんから「空海の人生を通じ、学んだ事として、間違いない!っと思ってはじめたコトはいつか形になる」など、沢山の教えをご教授頂きました。最近では空海を題材とした本やマンガなども発売されているので、MEGUMIさんの言葉に感銘を受けた方は、是非読んでみて下さい。
MEGUMIさんの最近のお仕事についてのお話。4月30日スタート、松坂桃李さんが主演する連続ドラマ「あの時キスしておけば」に出演します。女優として大活躍中ですが、併せて、プロデュース業務の仕事も増加しています。現在は、住宅ブランドのショートフィルムのプロデュースをしているそうで、そのエピソードを語ってくれました。監督は、28歳の若手で、MEGUMIさんが大絶賛していたMV、King Gnuの「The hole」や、映画「佐々木、イン、マイマイン」を手掛けた内山拓也さん。内容としては、とある夫婦の結婚から死ぬまでの一生を約5分で描く物語。普通であれば、夫婦役は本来大人が演じるのですが、今回は子供に夫婦役を演じてもらい、特殊メイクを駆使し、実際にお爺ちゃんお婆ちゃんの姿にもなります。そんなショートフィルムのオーディションにMEGUMIさんも審査員として参加。オーディションを受けたことは沢山あるMEGUMIさんも、審査する立場になるのは初めての経験でした。オーディションには約60人の子役が参加。1日のみのオーディションだったため、1人に設けられている時間は約3分。その中で子役の魅力や凄さを引き出さないといけないプレッシャーもありました。どうしようかと、MEGUMIさんは、監督の内山拓也さんに相談しました。内山監督から「今までで生きてきた中で、一番悲しい事を僕たちに教えて下さい。と、質問をすれば表現力や、感性みたいものがわかる」というアドバイスがありました。実際に、この質問を投げかけると、子供らしさ全開の返答もある中、審査している大人たちが真剣に聞き入り、涙を流す程の悲しみを打ち明ける子供も複数人いたそうです。ハッピーで明るく、お芝居大好きな子も良いけど、辛い経験し、演技に深みがあるのは、根底に悲しみがある子だと感じたMEGUMIさん。10歳くらいの子供が経験しなくてもいい悲しみを感じたことを辛く感じてしまう母親の気持ちになるMEGUMIさんでしたが、「光が当たるのは、悲しい事を拾ってる子」とオーディションから学んだそうです。今回のオーディションで受かるのは60人中2人。落選した58人には傷を付けてしまうとかもしれないと思うと、大人として母として考えさせられるものがある一方で、子役達の凄さを再認識し作品のプロデュースを手掛けました。
芸能活動20年の中で運動をしなかった年はないという健康オタクのMEGUMIさん。そんなMEGUMIさんが今、オススメする運動はピラティス。特に大人の人にはピッタリな運動だとか。ピラティスとの出会いは3年前。韓国に行った時、ジムに連れて行ってもらい、皆がやっていたのがピラティスでした。最初は馴染みもなく「ジムでピラティスやってるんだ~。え?ゆるい動き~」という第一印象でしたが、「韓国の女優さんの98%が週5日ピラティスをやっている」と衝撃的なお話をきいてから意識をするようになったそうです。韓国のガールズグループのBLACKPINKは週7日でピラティスをやっているという情報もあるほど、韓国ではポピュラーな運動だそうです。MEGUMIさんは、韓国の女優さんたちのムキムキの美しさでは無く、しなやかな美しさがあるのはピラティスをやっているからだと分析。当時は、東京にはヨガやスタジオはたくさんありましたが、ピラティスをやっている場所(レッスン)が無かったため「やりたいなぁ」という思いを残したままの状態でした。昨年、近所にピラティス・スタジオがオープン。念願のピラティスを始めることができたそうです。ピラティスなんて余裕だと思っていたそうですが、普段使わない筋肉を使うため、1回目は腹が立つ程出来ないそうです。しかし2回目以降には、ほぼ出来るようになるとか。これまで運動を欠かしたことが無かったにも関わらず、5年前の写真と見比べると「くびれができて、お尻が上がって、女らしい体になった」と本当に変わった事を実感。最近では日本の女優さんもピラティスを始る人も多く、今まさに注目を集めている運動の1つとしてご紹介しています。他にも、ピラティスの成り立ちや、体が良くなるまでのプロセス、ヨガとの違いなども詳しく話して頂きました。詳しくはMEGUMIさんのInstagramもご覧ください。
今週の5週目スペシャルでは、MEGUMIさんの趣味が全開。脳内に良い影響を与える、セロトニン物質を分泌させる方法などのマニアックなお話から、簡単に真似できる健康法など様々なお話をお届け致しました。
番組を聞き逃した方もぜひぜひ番組アーカイブスでお聴きください♪

前の回を見る アーカイブ一覧 次の回を見る

COPYRIGHT © 2020 LOGOS CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.