トップページ
トップページ
Archieves
#
100


LOGOS idea time 5-800 Today's Playlist
5月のマンスリーゲストは、番組初!クラシック界で世界的に活躍をされているピアニスト・金子三勇士さん。
金子さんのプロフィールについては、5月2日放送で、5歳で単身ハンガリーにピアノ留学をされた頃からたっぷり濃厚に振り返り伺いました。ぜひアーカイブでお聴きください!
金子さんは旅がお好きだそうですが、お仕事がら旅行が多いので、連休があれば自宅でゆっくりと過ごしたい派だそうです。
色々なタイプのアーティストがいらっしゃいますが、金子さんは1〜2日ピアノを弾かなくても大丈夫というタイプ。
「ピアノは自転車と同じなのです。自転車は1日、2日乗らなくてもまた乗れる自信がありますよね。そんな感覚なんですよね。弾けない日にその事を気にしてストレスを感じると逆効果ですからね」というおおらかな人間性を感じたトークからスタートしました。
5月1日にリリースされた3年ぶりのニューアルバム「リスト・リサイタル」について、たっぷりと伺いました。
2019年は、ハンガリーと日本の外交関係開設150周年という記念の年。
両国を祖国としている金子さんは、今年は自分としても歴史に残すものをという想いがあり、ハンガリーの偉大な作曲家・フランツ・リストで固めたいというコンセプトのもと、アルバム発売をされました。
アルバム挿入歌「ロ短調ソナタ」はリスト作品の中でも、約30分の大きな作品。
金子さんは、2010年にリリースされたデビューアルバムにも入れたのですが、「自分の年齢を重ねるごとに、解釈や弾き方が変わっていくので、何年かごとに残しておきたいとデビュー時から思っておりました。それを記念の年である今年再録音して、この作品をメインに、リストの良く知られた曲から、あまり馴染みのない曲を交えた構成のアルバムにしました」とご自身の言葉で丁寧な解説をして頂きました。
更にお話は、リストという偉大な芸術家についてのお話、更にはアルバムとして金子さんが初めて演奏された作品のお話など、「偉大な芸術家の一流芸術品を現代の皆様、一人でも多くの方に紹介したいという想いと、まだまだレコーディングは自分にとって学びのステップ、勉強になりますね」というアルバムにかけた強い想いも語られ、MEGUMIさんも納得でした。
名作と言われる戯曲を何度も演じるという、お芝居にも共通する点で「偉大な作品を表現して、現代に伝えていくというのは、特別なお仕事ですよね」とMEGUMIさんの感想に対し、「時代に合わせて、どうやって発信するか。同世代の人には、その魅力をどうしたら伝わるのかは、日々悩むところですね」と、率直な気持ちを語られる金子さん。
さらには、“クラシック”という言葉だけで距離を置いてしまう方も多いですが、最初のきっかけとして興味を持ってもらえるようになって欲しい。
「一回でいいので、ちゃんとしたクラシック音楽に触れてもらえれば、そこで感じる魅力があると思います。そうじゃないと、こんなに何百年も残ってないです。必要なかったら消えますから。」という金子さんの持論に「まさに!こんなに続いている音楽ってないですよね!誰もが知っている曲もやっぱりクラシック音楽ですし、だからこそ意味があるし、価値のあるものですよね!!」とMEGUMIさんも共感し、盛り上がるお2人でした。
もっとクラシック音楽を身近に感じ、聴く裾野を広げるために、どうしたら良いのかは課題でありながら、世界各地の気軽に楽しめるシチュエーションについてのお話にも発展。
「どこかいってみた場所はありますか?というMEGUMIさんの質問に、金子さんは「日本ならではの桜や紅葉の季節に、京都とかのお寺で演ってみたいですね〜」と夢をお話に。
「気持ちよさそう。できますよ〜!」と太鼓判を押すMEGUMIさんでした。
金子さんのリサイタルでは、クラシック音楽ではあまり見られないMC、トークをするそうで、時には「金子さん、ピアノも弾いていただけますか?」と言われるくらい、トークも多いとか。
お笑いが好きだという趣味もあり、お笑いライブも勉強の場にしているらしい?!
「弾いている時とお話をされている時のGAPがグッときますから。ファンは嬉しいですよ」とフォローのMEGUMIさん。
 「クラシック音楽がやっぱり好きだなと感じるポイントは?」という素朴な質問には「一期一会。同じ曲でも、2度と同じ演奏ができない、瞬間芸術という点ですね。だから、飽きないですね。」というすごく深いお答えでした。
番組恒例のアウトドアについてもお話でも盛り上がりました。
実はクラシック音楽のピアニストというとインドアな印象ですが、、、
6歳〜12歳まで住んでいたというハンガリーのおじい様、おばあ様のお宅がド田舎!
「何もない山の中の森の中、どうしてここに家を買ったんでしょうかと思うような所。アルプスの少年・三勇士のような、、、」という金子さんの弁。
野性動物と野鳥に囲まれ、近くに川が流れていて、1歩外に出たらアウトドアという自然あふれる環境だったとか。
「野鳥のことを鳥の皆さんと呼びたくなるくらい、賢いんですよ。渡り鳥の季節ごとの習性もそうですが、冬になると食べる物があまりないので、食べ物を用意してあげると感謝が可愛いんですよ。慣れてくると覚えてくれて、手の平から食べてくれたり。寝坊すると窓をコンコンと叩いて『早くしてくれない』って催促にきたり、肩に止まったり」と「ファンタジーみたい!」とMEGUMIさんが驚嘆する世界の話を淡々とお話する金子さん。
アウトドアやキャンプというよりも、自然と一体化している生活のお話は本当に興味深いです。
だからこその冬の厳しさのお話にもリアリティがありました。
そんな中でも「自然の豊かさと美しさと素晴らしさを学ぶと同時に、危険性や恐ろしさも感じて、いかに人間は小さな生き物で、自然には勝てないんだということも学びました。でも、その心構えができると何でも楽しめちゃうんですよね」と経験者ならではのお言葉!
最近のBBQではグリルや家具、食器、火床なども便利なアイテムが揃っていることが羨ましいと言う金子さん、当時のハンガリーでは全て手作りで、枝にソーセージを刺して焚き火で焼いていたとか。
「今の便利なグッズがハンガリー時代にあったら良かったのになぁ」とブツブツ言いながら、アウトドアをすることもあるそうです。
アウトドア料理については、屋外でいただく汁物は絶品だという金子さん。
ハンガリーの伝統料理「グヤーシュスープ」というパプリカを調味料として使った真っ赤な牛肉のスープを召し上がるのが格別だそうです。
美味しそう。
番組最後には、金子三勇士さんに将来のお話を伺いました。
ピアニストは現役でいられる時間が長いので、人生を重ねていくにつれて作品が違ったものになっていく楽しみもあるので、それぞれの自分の年齢と向き合っていきたいという想いがあるそうです。
でも一方で、「音楽に関わらず一流の方々の憧れるポイントが「引き際のタイミング」。ちょっと物足りなかったくらいのタイミングで、恰好よく辞めておきたいかなと、考えることもありますね。」と将来を考えている金子さん。
その自分なりのタイミングは「コンサートなどで演奏をして、涙を流す方がいなくなったら引退しようかな。人々に何かを伝えることができなくなったら、年齢とは関係なく引き際かなって10代の時から思います」と真摯に話され「なんでも早いですね〜。お悟りが早い!」とMEGUMIさん。
「無理して泣いてください!って意味はないですよ〜」とお茶目な一面も。
金子さんの演奏を聴けば、いつまでも引退できないなと実感するので安心です。
「おじいちゃんになったら、どんなおじいちゃんになりたいですか?」という最後の質問には「いつでも何でも相談してもらえる人になりたいですね。誰からでも気軽に話かけられたいかな。寂しがりなんですね。」と笑いながらお答えする金子さんの優しい笑顔が印象的でした。
今年は、ニューアルバム「リスト・リサイタル」をリリースされ、金子三勇士さんソロリサイタルも開催されます。
精力的な活動が楽しみですね。
LOGOS idea time 5-800
「idea time5−800」は、最上級のアウトドアの楽しみ方をLOGOSが提案するコーナーです。
土志田さんは、LOGOSの公式YouTubeチャンネルで、月3回日曜日よる9時に配信する「おそロゴス」にYouTuberとして出演中。
最近では、LOGOSのInstagramでインスタライブも開催!「いつ、歌出すの?!」とMEGUMIさんがツッコミ。
男性ファンよりも子供の心をつかむべく奮闘中だそうです。(笑)
今回は、「おそロゴス」で実際にやったダッチオーブンで作れる「クリーム・ブリュレ」を紹介します。
ダッチオーブンのサイズに合わせて今回は、卵15個、牛乳1.5L使用。子供が喜ぶジャンボサイズ!!
今回の「おそロゴス」風の作り方は、材料(卵・牛乳・バニラエッセンス・砂糖)をよく混ぜて、ザルで濾しながらダッチオーブンに入れて、クアトロポットに吊るして火にかけるだけ。
アウトドアですから、シンプルにざっくり!と大雑把が良いところ。
最後に、焼けたら上に砂糖をふりかけてLOGOSバーナーで焦げ目を付ければ完成です。
動画を見ながらMEGUMIさんからは「焦げない?」と心配する声が上がりましたが、中火にして15分くらい(?)したら焦げずに上手に焼きあがっていたそうです。
ポイントは、LOGOSのクアトロポッドは吊る高さが替えられるので、火加減を調節できるところかもしれません。
土志田さんはカン!でしたけどね。
キャラメリゼをするのもまた楽しみの一つ。
取り分けてから各自の好みの量でキャラメリゼすることもできます。(火の取り扱いにはご注意ください)
MEGUMIさんからは「キャンドルをさしたら、十分な誕生日ケーキになりますよね!」と豪語して、スタジオでは爆笑を買ってました。
ん???十分?!な誕生日ケーキ?!!?
アウトドアで実際に作る時には、ぜひLOGOS公式YouTubeチャンネル「おそロゴス」をチェックしてくださいね。
フォロワーが1万人に達したらLOGOSの商品だけを持って無人島に行く計画を立てています!
どんどんフォローをしてくださいね。
今後、皆さまからのリクエスト企画や質問、感想なども募集します。
番組公式HPの「ご意見・ご感想はこちら」のバナーをクリックしてメールを送ってくださいね。
【金子三勇士さん告知】
*5月1日 ニューアルバム「リスト・リサイタル」発売
* 5月21日(火)サントリーホールにて、
小林研一郎指揮ハンガリー・ブダペスト交響楽団コンサート出演
* 6月9日(日)大阪・八尾市文化会館プリズムホールにて、
「まちで魅了する舞台 〜芳醇なワインとピアノに恋をする〜
金子三勇士ピアノ・リサイタル」
* 6月23日(日)山口県・秋吉台国際芸術村にて、  
コハーン・イシュトヴァーン&金子三勇士 デュオ・リサイタル
* 7月18日(木)東京オペラシティコンサートホールにて、
金子三勇士 ピアノ・リサイタル「ショパン VS リスト」開催
金子三勇士さんの最新情報は、公式HPや公式SNSをチェックしてください。
HPアドレス; https://miyuji.jp

【LOGOS告知】
*ロゴス・ファミリーレストランにて、春夏の新メニュースタート!
暖かくなってきた今の時期食べたくなる
「帆立とトマトの冷製カペッリーニ、からすみ添え」がおすすめ!
さらにピザも新登場!「照り焼きチキンとコーン」は、お子様に大人気です。
メインディッシュには、京もち豚でフォアグラを巻いて焼いた一品、「インボルティーニ」で贅沢してみてください。
ここでしか食べられない、春夏・新メニュー、ぜひロゴスランド内にある
ロゴス・ファミリーレストランへお越しください!

*2019年5月24日(金)〜 26日(日)に、ロゴスのお祭り「メイプル・フェスタ」が、開催されます!
大人気の塗り絵のワークショップを、またまたやっちゃいます。
今回は、塗り絵のデザインが変わっているので、どんな絵になるかは、お楽しみに!
パパやママは、欲しかったアイテムをお得にゲットするチャンスです!
5月の特集企画にメイプル・フェスタ開催店舗一覧が載ってるので
お近くの「メイプルリーフのあるお店」に、遊びにきてください。
詳しくはロゴス ホームページ内、特集企画をご覧ください。
http://www.logos.ne.jp/special/


Today's Playlist
このリクエストは店舗でも流れているのでチェックしてみてください。

『progress』浜崎あゆみ
受付店舗:ロゴスショップ イオンモール綾川店  ラジオネーム:かなしぃ
盛り上がる!!

『ぶっ生き返す』マキシマム ザ ホルモン
受付店舗:ロゴスショップ ピエリ守山店  ラジオネーム:ボード マークツー
春でも熱くなりたいので

『Why Did You Do That?』レディー・ガガ
受付店舗:ロゴスショップ 大阪店  ラジオネーム:アリー
テンポが良くてかっこいい曲

『EXCITE』三浦大知
受付店舗:ロゴスショップ 越谷レイクタウンアウトレット店  ラジオネーム:いしだ たまみ
ダンスがカッコいい曲

『君めざす絵』LOGOS MUSIC Vol.4

前の回を見る アーカイブ一覧 次の回を見る

COPYRIGHT © 2019 LOGOS CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.